ワカサギ釣り

何が必要?わかさぎ釣りに行く人にオススメする準備と持ち物

なにを用意すればいいの
わかさぎ釣りに行くけど、事前準備には何が必要なんだろう?

冬のレジャーとして最近、人気のワカサギ釣りですが、一般的な川釣りなどとはちょっと違った、ワカサギ釣りの持ち物。

ここでは、万全を期するにはいろいろあるけど「とりあえず、これさえ押さえておけば」に絞ってお伝えします

最初にザックリ、事前準備の要点をまとめると

準備(特に防寒)して → 早起きして → いざ釣る!

これだけです

 

ワカサギ釣りの準備

天気と持ち物のチェック

わかさぎ釣り道具の準備ですが、他の釣りで使っている道具とはちょっと違ったものが必要です

絶対必要なもの

  • 穴あけドリル
  • 竿+えさ
  • いす

湖周辺の店舗で、だいたい必要なものだけなら、2,500円前後でレンタルできます

天気は要チェック

一般的に釣りは、天気に左右されがち。

特に、「超寒い氷上」で釣るワカサギ釣りは天気によって、必要な道具まで変わってきます

 

釣り小屋(もしくはテント)が必要かどうかは

  • よく釣れる早朝から釣り始めるのか
  • 晴れているかどうか
  • 日中に最高温度、風の強さ 

などで決めます。

 

例えば、日中温度が比較的高く、風もない日に早朝スタートでなければ、テントや釣り小屋は必要ないでしょう。

逆に早朝スタートは、間違いなく必要で、たとえ晴れていても、氷を撫でるように吹き上げる風は予想以上に冷たくて寒さを感じます

また、たくさん釣りたい方は、早朝スタートが基本です。

テントに小型ストーブを持ち込めば、寒い早朝でも、温室のような状態になるので、快適です

 

あと車で来る方は、基本スタッドレスタイヤか、チェーンでお越しください。路面状況の確認も必要ですね

赤城山にお車でお越しの際は、参考にどうぞ

赤城山ライブカメラ

防寒 ← 超重要

寒さをどう攻略するかで、釣れるかどうか左右するわかさぎ釣り。

とにかくスキーやボードと違って、氷の上でじっとしていることが凍える要因の一つです

絶対必要な装備から、持ってくると暖かさに救われるものを並べてみました

  • スキーウェア、または厚手のダウン+厚手のズボン
  • ブーツ(滑り止めがあるとGOOD)

  ーーーーーー必須ライン

  • 帽子(耳まで覆うタイプがオススメ)
  • 耳あて
  • ネックウォーマー(マフラーでも糸に引っかからないような素材)
  • 手袋(つけたり外したりが多い)
  • ホッカイロ(貼るタイプ、靴に入れるタイプ)
  • 濡れた時用の替えの靴下

  ーーーーーあると困らないライン

  • テント
  • 小型ストーブ(レンタルできます)
  • ブランケット
  • 暖かい飲み物

  ーーーーーーーーぬくぬくライン

  • お酒とおつまみ

  ーーーーーーー至福のときライン

 

早起き

ワカサギ釣りで釣るには、釣る前から重要なコツがあります

それは

防寒 + 早起き 

ワカサギ釣りは「早起き」が基本

ワカサギは早朝の早い時間帯によく釣れます

長年、通い続けている人たちは、とにかく朝早くから沼に行きます

冬の寒い朝に、早起きするのは大変ですが、早朝のシンとした静寂と澄んでいる空気を味わうことができるのはがんばって早起きした人にしか味わえないもの。

早起きって冬は辛くない?

早起きしたいけど、なかなか難しいと感じる方にオススメなのが、「早起きした自分へのご褒美を用意する」です。

よく仕事がある日は早起きできないけど、休日には目が覚める人は多いと思います。

それは早起きすれば、楽しみが待っていると思っているからこそ、できるものです。

 

他にも「カーテンを開けて寝る」「熱いシャワーを浴びる」など早起きできるための方法がたくさん書かれている

「早起きできるかは事前準備で決まっている?

超夜型だったぼくが朝4時半に起きられるようになった12の方法を一挙公開」を参考にどうぞ

ここまで、「とりあえず、ワカサギ釣りにはこれさえあればなんとかなる持ち物」を紹介してきました。

まとめると「防寒」と事前準備を万全に、早起きして朝早くに来られれば、釣れる勝率を8割アップさせたようなものです

この記事のまとめ

「防寒」と事前準備を万全に、早起きして朝早くに来られれば、釣れる勝率を8割アップさせたようなもの